豊中市庄内幸町の「山崎眼科」です。阪急宝塚線「庄内」駅より徒歩約8分。眼科一般、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、加齢黄斑変性症の診療、眼鏡・コンタクトレンズ処方など、お気軽にご相談ください。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

加齢により誰にでも発症するリスクのある病気で、50歳以上の約80人に1人見られると言われています。
ある日、見え方がおかしい、歪んで見えると自覚する病気です。
加齢だけでなく、喫煙、太陽光も関係あるとされています。
網膜と呼ばれるカメラで言うフイルムの真ん中の黄斑と呼ばれる視力に最も大事な場所があります。
浸出型加齢黄斑変性では、網膜の下にある脈絡膜から、新生血管と言われる正常とは違う血管が生えてくる病気です。この血管はもろく、破れて出血や水分がたまり、黄斑の下にたまります。その結果症状が出る病気です。

◎治療法は・・・

①抗VEGF薬治療
新生血管が発生、発育して血液や水分が漏れ出す原因物質として、VEGFがわかっています。VEGFは加齢黄斑変性では悪い血管を発生させます。
この治療では、VEGFの働きを抑えるお薬を目に入れます。

②光線力学療法(PDT)
光に反応するお薬を腕から注射して、レーザーで新生血管を閉塞させます。

③レーザー光凝固
新生血管の場所により、レーザーで直接凝固します。

④ルテインの摂取
ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる強い抗酸化作用をもつカルテノイドの一種で、加齢による目の酸化を防いでいます。
ルテインは加齢、喫煙、太陽光、パソコン、偏食、ストレスにより少しづつ減少しており、ルテイン摂取により加齢黄斑変性症の発症のリスクを減少させることが分かっています。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:00~12:30
16:00~19:00

★…手術

休診日土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒561-0833
大阪府豊中市庄内幸町2丁目13番7号

阪急宝塚線「庄内」駅より 徒歩約8分

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6331-6122

駐車場:近隣にコインパーキングが多数あります
駐輪場:クリニック前に完備

◎視能訓練士
◎看護師(正・准)
◎医療事務
◎検査員

診療時間・休診日 アクセス

当院はAED設置医療機関です

PAGETOP
Copyright © 2019 山崎眼科 All Rights Reserved.