〒561-0833 大阪府豊中市庄内幸町2丁目13番7号
MENU

小児の近視抑制治療

Medical

小児の近視抑制治療|阪急庄内駅より徒歩約8分の眼科 - 山崎眼科

小児の近視抑制治療について

MEDICAL

マイオピン

当院では小児の近視の進行を抑える【マイオピン】点眼治療を行っております。
Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的に低濃度アトロピンを配合させた点眼薬です。

近視の進行を抑制することが大切な理由

子供の近視は、主に眼球が前後に大きくなってしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピントの位置がずれることにより生じます。近くを長時間見るなどが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと元に戻ることはありません。
高度な近視の場合は将来、視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、緑内障などの眼疾患に発展する場合があります。そのため近視の進行を抑制する(眼軸長の伸びを抑える)ことが大切になります。

治療の対象

  • 4歳~12歳以下の学童
  • 中等度(-6.0D)以下の近視の方
  • 1~3ヶ月の定期的な通院が可能な方

※ただし、これら以外の方でも点眼治療は問題ありません。

使用方法および注意点

  • 毎日就寝前に1滴点眼するだけの簡単な治療法です。
  • 点眼薬1本(5mL)は1ヶ月間の使い切りです。
  • 処方の際は少なくとも2年間使用を継続されることをおすすめいたします。
  • 保険適用外(自費診療)となるため、他の疾患(保険診療)と同日に処方が出来ません。その場合は後日点眼薬を処方します。
  • どの目薬でも充血、かゆみなどのアレルギーを起こす可能性があります。その際には点眼をやめ、医師までご相談ください。
  • まれに翌日まで散瞳(黒目の大きさに対する眩しさの影響)が残ることがありますが、時間と共に元に戻ります。

マイオピン点眼薬の治療費用

本治療は自費診療(保険適応外)です。

初回の処方時

4,950円(税込)
※診察・検査費用2,000円(税込)+目薬代(1ヶ月分)2,950円(税込)

処方後、1ヶ月後に受診していただき、問題が無ければその後は3ヶ月毎の定期受診となります。

3ヶ月毎の
定期受診時

10,850円(税込)

※診察・検査費用2,000円(税込)+目薬代(3ヶ月分)8,850円(税込)

よくあるご質問

マイオピンの治療は保険適応になりますか?
保険適応にはなりません。マイオピン処方目的での検査・薬剤処方などの一連の診療行為は全て自費診療(自己負担)となります。
点眼をすると近視が治りますか?
残念ながら近視を治すことはできません。近視の進行を抑制することが目的です。
いつ点眼をすればいいですか?
夜、1回1滴両目に点眼してください。
(お子様の散瞳は6~8時間ほど持続すると言われておりますので、起床時間から逆算して点眼時間を決めてください)
点眼を忘れてしまった場合はどうすればいいですか?
夜に点眼を忘れてしまった場合は、次の日の夜に点眼をしてください。
(日中に点眼すると散瞳してしまうため避けてください)
マイオピンは1本何mLで、どのくらいの期間使用できますか?
1本の容量は5mLです。他の点眼薬同様、開封後は1ヶ月で破棄して頂くようにお願いしています。
何歳から何歳までが治療対象になりますか?いつまで治療を続ける必要がありますか?
現在までにされている報告は6歳~12歳を対象にしたものですが、治療方針は医師と患者様(ご家族)とでご相談ください。
身体の成長と共に眼軸も伸長するため、成長期の間は治療を継続することが理想的です。
注文してからどれくらいで到着しますか?
2~3週間ほどお時間をいただいています。
マイオピンの治療中に別の疾患を発症した場合はどのようにすればいいですか?
まずは別の疾患の治療を優先し、マイオピン治療のための検査・薬剤処方は別日に実施することをおすすめしています。
メガネやコンタクトレンズとの併用は可能ですか?
可能です。コンタクトレンズは外した後に点眼してください。